愛知県の抱っこ法公認ホルダー 森ひと美です。

 

こんにちは。日本抱っこ法協会公認ホルダーの森ひと美です。

住まいは一宮市。抱っこ法の援助者として、東海地域を走り回っています。

抱っこ法だけでなく、お子さんとの付き合い方がよりよく分かるように、ワークショップや勉強会も開いています。

また、市内で“ひまだまりおやこひろば”の会を主宰し、読み聞かせサークル“おはよむ” 尾西おやこ劇場”NPO法人つなハピなどの会員として、子どもに関わる活動をいろいろしています。

 

以前は、自宅を解放し自然の中で子どもを育てる自主保育を主催したり、公立高校で10年間、准看護師学校で13年間、国語の講師をしたりもしてきました。小さな子どもから高校生や青年までとかかわってきて、人間形成の土台は幼児期につくられることを実感しつつも、子育てはいつからでもやり直せること、人はいつまでも成長できることも実感しています。


プライベートでは、子ども二人の母親ですが、息子も娘も結婚し、かわいい孫も一人います。わが家も、今でこそ落ち着いていますが、子育てでは、すったもんだ、てんやわんやがいろいろありました。

でも、抱っこ法と出会い学んだことにより、大切なところでは子どもたちときちんと向き合うことができ、子どもの成長と共に、親子の関係がより良いものになっていたなあと感じています。

また、抱っこ法の援助で関わったお子さんからは、“子どもの気持ち”をたくさん教えて頂き、たくさんの幸せを私もいただきました。

今後も、子どもの心の奥深さを感じながら、親子の幸せを願って抱っこ法の援助を続けていきたいと思っています。

また、東海地域での抱っこ法援助者を育てるために、抱っこ法の実践が学べる“抱っこ法研修会”を開いています。抱っこ法を学びたい方は、ぜひお出でくださいね。

 

子育てに不安や迷い、うまくいかなさなどを感じてらっしゃる方は、何かお手伝いできるかもしれません。一度お問合せくださいね。